ホーム > 水パイプ

喫煙具
葉巻用品 きせる
・ナジール
・その他


喫煙具 / 水パイプ


ナジール(2銘柄)


その他(3銘柄)
ペリドット
ジェダイド
ロードナイト  


〜 水パイプ 〜

水パイプはエジプトでは「シーシャ」、レバノンでは「ナルギレ」、インドでは「フーカ」などと呼ばれています。
水パイプは友人や家族・親戚の人々とのくつろぎの時間に、日々のストレスから開放されるよう何世紀にもわたって使われてきました。
水パイプの起源はインドですが、最初は椰子の実の皮で作られたかなり原始的なものでした。 その人気はしだいにイランに広がり、その後他のアラブ世界にも広がっていきました。

最終的に画期的な形で完成されたのがトルコの地で、それ以来数百年の間その形は変わっていません。

古き良き物の常として、残念ながら水パイプもまた紙巻たばこが容易に手に入るようになってから衰退し始めました。水パイプを吸うのは紙巻たばこを吸うのとは訳が違います。紙巻たばこはイライラしていて負けず嫌い、短気な人が吸う場合が多いようです。

水パイプを吸うと考える時間が生まれます。それによって忍耐や寛容ということが教えられ、交際範囲が広がっていく喜びも味わえるでしょう。水パイプを吸えば紙巻たばこを味わうよりももっとバランスのとれた生き方が出来るのです。煙は紙巻きたばこよりはるかに冷たく、軽い心地よさが味わえます。ほどなく水は茶色に変色し始めるのですが、これは有害物質を吸い込まないよう濾過しているのです。

シーシャと呼ばれる水パイプは4つの部分からできています。
底の部分はガラス製で水が入ります。この部分はシーシャの主部分である真鍮の(ステンレス鋼の物もありますが)上部へとつながっています。ライと呼ばれる先端に、吸口が付いたホースを通して吸引した時、この調節装置がたばこから出る煙を取り込みます。この装置全体は、ガラス、真鍮、金、銀、木、籐など様々な素材で出来ており豪華な装飾が施されています。 水パイプ用のたばこは「ムアッセル」と呼ばれ、様々なフレーバーがあります。世界中で最もよく知られている水たばこの「ザグルール」のように自然で素朴な味わいの物もあれば、「アップルトファーハ」のようにストロベリー、ミント、アプリコット、バラなど数多くの香りが揃っている物もあります。

〜 水パイプの使い方 〜
  1. 水パイプの底部のガラス瓶に水を入れます。あまり入れすぎないようにして下さい。後に上部を取付けたときに下に伸びている管がだいたい2、3センチ浸る程度の分量が目安です。

  2. メイン部分である上部をガラス瓶に被せます。ぴったりと固定され空気が漏れていないことを確認して下さい。上部の内側にガーゼを巻く必要がある場合があります。

  3. 吸口を上部に取付けます。接続部に空気が漏れていないことを確認して下さい。

  4. 隙間なくセットされているかテストしてみましょう。水パイプの上部に手を置いて、その後吸口から吸引してみましょう。問題なくセットされている場合は手に吸引の力が伝わり、水の中で泡が立つのが見えます。
    こうならない場合どこかで空気が漏れています。どこから漏れているかよくチェックしましょう。

  5.   
  6. きっちり取付けられていれば次に「ハガー」と呼ばれる水パイプの上部に専用の水たばこを適量載せます。次に、水たばこの受け皿にアルミホイルで全体を覆い、爪楊枝などで何ヶ所か穴を開けます。
      
  7. 炭に着火します。着火の早い炭(水パイプ専用に作られた、成分に灯油が入っていないタイプ)を使うといいでしょう。

  8. 炭の中心まで火がまわったら、炭バサミなどでつかんで穴の開いたアルミホイルの上に載せます。

  9. 吸口から吸引します。煙が水の中から上がってくるのが分かり、3,4回吸った後には口の中でたばこの味が感じられます。30分から1時間かけてゆったりと愉しんで下さい。

〜水パイプを愉しむための注意事項〜
  1. 火がついた水パイプ用の炭を使って紙巻きたばこに着火しないで下さい。

  2. 水パイプは使用者の座っている位置より高い場所には絶対に置かないで下さい。

  3. 水パイプを直接他の人に手渡さないで下さい。必ず、まず下に置いて次の使用者がそれを持上げるようにして下さい。

  4. 水パイプはそれ専用に作られた水たばこ(ムアッセル)を吸う為に作られています。水たばこは信頼できるたばこ業者からの正規輸入品をお勧めいたします。
    普通の乾燥したたばこを使うと喉がいがらっぽくなります。